aユーザー様にパソコンを販売する時、ほとんどの方がCADシステムや見積ソフトの動作相性のため、Windows8や10などは導入せず、Windows7を導入するユーザー様が8割を占めています。

そんな時、在庫品のWindows7を使用するため、windows7をアップデートしないといけないのですが、たびたびWindowsUpdateが終わらず、いつまでたっても古いままの状態に陥ってしまう場合が多々あります。

WindowsUpdateが終わらない

この画面から進んでくれない…。

まあ今新たにWindows7をインストールする人がどれくらいいるか分からないけどおそらくWindows10からWindows7に戻すために再セットアップする方もいると思うので、対策方法を書いておきます。

Windowsエージェントを適用させてあげることで修正されます。

ダウンロードは下記アドレスから。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/949104

windowsのバージョンと32/64bitをあわせたものをダウンロードしてあげましょう!

ダウンロードしたファイルを実行してあげるだけで修正することが可能です。

ただこちらの方法、Windows7を再セットアップしてすぐに行わないと効果がありません!

おそらくほかの更新プログラムをダウンロードしてしまい、修正がきかなくなる為だと思います。

そんなわけで、再セットアップをもしする予定であれば、USBメモリ等に事前にこのファイルをダウンロードしておいたほうが無難かも知れません。

Windows7も気付けば2世代前のOSになってしまいました。

普通にWindowsUpdateをするだけでもかなりの時間がかかってしまうと思います。

とはいえ、Windows7はアーキトレンドZがVer5が動く優秀なOSです。

(32bitであればVer4も動作可能!推奨はいたしませんが…)

使用頻度に合わせて、パソコンもCADも大切につかっていきたいですね。